2009年11月20日

デフレは底を打ったのか?


下がり続ける事象からは回避されたと見て良いと思う。
そういう意味では底を打ったのだろう。


そしてこれから2番底。


中小企業はまだまだ逝くよ!
この先、仮に景気が回復しようとも、
企業は今の辛酸を経験してるから、社員や下請けへの還元はしないだろう。
その分、今後の「イザ」という時のために、過剰なまでの資金の蓄えに尽力する筈だ。
つまり下に金は一切回らない=消費も回復しない。


あと10年ぐらいは見通し立たず。
俺は30代。
公私共に人生で一番充実させなきゃならん時期。
いろいろやんなきゃいけないタイミング。
でも出来ない。お金も無いし、将来の不安も。

そんで40過ぎて取り返しが付かなくなってから後悔しまくる。
そういう人生になることが、もう予感できている。
なのに・・・


posted by yuuii at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アテにしていたボーナスがぁ・・・


ううう・・・

今年の冬もまた、まともに出ないのか(泣)
一昨年あたりから、夏も冬も金一封レベル。
残業代もカット。
うーむ、車検代どうしよう。
積み立て間に合うか!?


仕事は多いのに薄給なのは、
俺の仕事が遅いってことなんだろうか・・・。

不味い仕事を、生き抜くために必死で奪い合う。
今はそんな時代。

未来への投資は必要だけど、
せめて俺が生きてる間にちゃんとしたリターンを頂戴ね!


posted by yuuii at 11:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

金の切れ目と縁

不況だからってことだけでは無いんだが、
正直な所金が無い。

安月給のくせに無理して
一人暮らし&車維持&ペットとか金のかかることばっかしてるからだと思う。

来年四月には自動車税。
その年の夏には車検。
ちょっとずつ貯蓄しないとマジで破産するなぁ。


さて、俺に金が無くなったら、
どれだけの縁が切れていくのか。
怖いながらもちょっと見物である。


posted by yuuii at 15:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

正しき事は良い事か?


仕事。
それは理屈の世界。
理屈の上で正しい選択を随時行うこと、それが仕事である。

・・・そう思っていた。



真に仕事が出来る男とは、理屈人間ではない。
理屈では人は巻き込めない。
俺の過去の失敗談である。

筋道を立てて説明し、

「こうだから、こうするのが正しい。
 だからこうしよう」

と言って自分でも正しい行動を取っているつもりであったが、
実は全然良い行動じゃなかった。

正しい答えは常に一つ。
0-100
白黒

そんな世界は俺は解りやすくて大好きなのだが、




結局それは誰も幸せに出来ないまま終わる




正しい答えなんか無い。

どういう行動を取れば、
誰がどのように得をするのか、
誰がどんな損をするのか、


常にそれを計りながら行動基準を決めなくてはならない。

いくら理屈の上で正しかろうと、
誰も得をしないような行動が、果たして良いものなのかどうか。


自分に欠落しているものが一つ見つかったような気分だ。

感情論から言えば当たり前の話で、
「自己判断で勝手に正しいと思ってることをしている人」より、
「自分を幸せにしてくれる人」のほうに、付いて行きたいと思うだろうしなあ。


posted by yuuii at 18:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

格が無きゃダメ


「管理者たるもの格がなきゃダメ」

「格って具体的にはどんな?」

「そういうことを聞かずとも解る、自然にやれる人の事」

「じゃあ俺はダメですか。」

「できる人が既に居るのだからその人にやってもらっているだけ」

「そうスか」

「向き不向きはあるからね」





・・・という会話をつい最近ね。



posted by yuuii at 11:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。