2010年01月21日

カウンターシャフト


ヒトとヒトは惹かれあうように接近するが、
くっつく時には、猛烈な反発と抵抗が火花を散らす。
自分の意志で回っている者同士が噛みあおうとするのだから、
すんなり行くわけがない。

歯車と一緒。
車を運転していると、時々そんなことを考える。


回転数も動力も違うギア同士が噛み合う。
強いギアは弱いギアを無理矢理回し、
弱いギアは強いギアに回される−、しかし
弱いギアも強いギアの足を確実に引っ張っている。

どっちのギアにも負担がかかり、
どっちのギアも嬉しくない。

しかし車は「動く」。



車を動かす為に、ギア同士が噛み合おうとしているならまだ良い。
お互いが噛み合おうとして火花を散らすのは当然の現象だ。
だから、そこに痛みがあるのも当然だ。


問題は、ギア同士が噛み合おうとしていない時。
自分自身で悠々自適に回っている二つのギア。
その二つのギアには距離がある。
当然、車は動かん。

車を動かす為には・・・
この二人を動かす為には・・・








間にもう一個、ギアが要るんじゃないの!?
自分の意志を持たないギアが。
posted by yuuii at 09:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

恨まれるのも仕事だろ?


改革には痛みが伴うとか言ってた人がいた。
まぁその通りだろう。
所詮、全てのヒトが満足する「変革」なんぞあるわけがない。

貧乏くじを引く立場のヒトも当然出る。
そいつらから、心底憎まれる、恨まれる。
だが、それは改革者の仕事だろう。

恨まれていることを意識しつつも、必要であるからこそ押し通す。
改革者には、そうであってほしい。

恨まれることがなければ、その改革者は高慢になっていくだろう。
まるで神やヒーローになったようなつもりで。
全ての人を自分の力で助けたような気分でのうのうとのさばるだろう。


やはり俺は、
「あなたを恨んでいます、憎んでいます」
ということをハッキリと改革者に伝えたい。
いや、伝えなければならないだろう。

それを伝えた上で、改革者に協力するのだ。
そして、月の無い夜には気をつけて頂く。

まぁそれぐらいの覚悟を賭してやってくれないと、こちらも反発するしか手が無いからな。



給料もらってるんだから、改革者に協力すべきか?
いや、ヒトは理屈じゃ動かん。
研修で学んだ言葉だ。
俺も動かんぞ。
posted by yuuii at 09:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

クッキーのかけら


俺は月にクッキー1枚あれば生きていくことが出来る。

今までは特に何にもしなくても、
月に一枚ずつ、クッキーを貰えた。



今はもう、クッキーを貰えない。
しかしクッキーのかけらは、それなりに散乱している。
袋の底や、
誰かの食べカスに。


日々細かいカケラをかき集めて、
なんとかクッキーの形にして飢えを凌ぐ。



クッキー1枚を貰うのは、とても楽な事なのだが、
クッキーのカスを集めて、1枚を形成するのは恐ろしく大変だ。



しかし、俺のためにカケラをクッキーの形にしてくれる人は誰もいない。

不景気は、
「カケラを集める」という重労働を、
否応無しにやらされるものである。

無償で。

posted by yuuii at 14:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。