2010年01月21日

カウンターシャフト


ヒトとヒトは惹かれあうように接近するが、
くっつく時には、猛烈な反発と抵抗が火花を散らす。
自分の意志で回っている者同士が噛みあおうとするのだから、
すんなり行くわけがない。

歯車と一緒。
車を運転していると、時々そんなことを考える。


回転数も動力も違うギア同士が噛み合う。
強いギアは弱いギアを無理矢理回し、
弱いギアは強いギアに回される−、しかし
弱いギアも強いギアの足を確実に引っ張っている。

どっちのギアにも負担がかかり、
どっちのギアも嬉しくない。

しかし車は「動く」。



車を動かす為に、ギア同士が噛み合おうとしているならまだ良い。
お互いが噛み合おうとして火花を散らすのは当然の現象だ。
だから、そこに痛みがあるのも当然だ。


問題は、ギア同士が噛み合おうとしていない時。
自分自身で悠々自適に回っている二つのギア。
その二つのギアには距離がある。
当然、車は動かん。

車を動かす為には・・・
この二人を動かす為には・・・








間にもう一個、ギアが要るんじゃないの!?
自分の意志を持たないギアが。
posted by yuuii at 09:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。