2011年10月15日

研修で学んだことはRPGによく似てる。


ゲームやってて、新しいフィールドに行ったらそこに当然ボスがいるわけだよ。
でも、初めから攻略法が解ってないと、勝てないわけだ。

で、どうするかっていうと、
とりあえずセーブして戦ってみて、勝てるかどうか計るよね?

で、負けたら「なんで負けたのか」って考えるじゃん。
回復が追いつかないとか、アイテムが足りないとか、攻撃が効かないとか、
いろんな欠点要素があって勝てないことが解る訳。

んで、回復を増やしてアイテム買いこんでさ、再チャレンジする。
攻撃は相変わらず効かないけど、回復は追いつくしアイテムにも困らずある程度渡り合えることができるようになってるの。

あとはダメージを与える方法だから、いろんな攻撃手段を試すよね?
ファイアが効かなきゃブリザドだとかサンダーだとか、
いろんな魔法ぶっ放して、何が効果的に効くのかいろいろ試すじゃん。
で、結果サンダーが効いたら、
「回復」+「アイテム」+「サンダー」のコンボでボスが倒せるようになるわけ。
んで、このコンボによって、この手のボスには勝てる!ってことを知るわけ。



研修でやってることも同じだよね。
勝てるかどうか解らん相手に、とりあえずぶつかって負けて来い、と。
で、なんで負けたのか、何が足りないのかを洗い出せ、と。

この部分が、回復とかアイテムとかそういう類よ。

で、回復とアイテム揃えてもう一度戦って来い!ってボスに挑まされるわけよ。
んで、ある程度渡り合えたんだけど決め手が無くて負けましたーって帰ってくるの。
じゃ、攻撃手段を探しましょ!ってことでいろいろと「手段」を集める。
その結果、

「回復」+「アイテム」+「サンダー」
っていう「戦略」が生まれて、コレを実践した結果、ボスに勝てたわけよ。
で、そのコンボは自分の「ノウハウ」なの。
今後、似たようなボスが現れても、このノウハウが自分にあるから負けないわけよ。

こうやって、いろんなボスと同じような方法で戦って、
負けては足りない部分が解れば、それを見つけて補って、
上手く行った部分はそのままにして、
それを組み合わせて戦略にして、
その結果、
ゾンビには聖水だとか、地震攻撃にはレビテトだとか、いろんな戦略が自分の中に出来ていって、
大概の敵には勝てる「ノウハウ」が、いつの間にか自分の中に出来上がってるわけ。

研修は、それをリアルでやれって言ってるだけの事。



でも、何故か踏み切れないし怖いよね。
何でだと思う?

「セーブ」機能が無いこと

これに尽きるよね。
ボスと戦って負けたらリセット。
これは、「ノウハウだけを学んで結果は無かったことにする」ことができる、
大変便利な機能なんだ。
でもリアルの人生ではそれが出来ない。
ノウハウ(成果)は、必ず結果とセットでやってくる。
そして痛い思いをするのも自分。ゲームの中のキャラではなく、自分。

だから躊躇する。




でも考えてみてよ。
やること成すこと全てが上手く行ってて、失敗や負けを知らない人間に、
付いていきたいとは思わないでしょ?
そんな人間に、「俺も出来たんだからお前も出来る、完璧にやれ、一発でボスに勝て」
みたいに言われたら、やってられないでしょ?

リアル人生は、セーブは出来ないけど結果は意外と修正できるんだよね。
要はゲームと一緒で、
「敗戦からノウハウを学んでボスに勝てるようになりなさい」
「運よく勝てたら、何で勝てたのかを研究して次のボス戦に活かしなさい」
っていうのと同じだよ。

レベル1のまま全ての敵から逃げ回ってたら、レベルも上がらんわお金も溜まらんわで、手詰まりになるでしょ。

そういうことです。


リアルはセーブが出来ないけれど、ゲームに勝てる要素もちゃんとある。

それはゲームオーバーが無いってこと。


posted by yuuii at 01:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
壊されても何度も立て直す、不屈の精神力、ご苦労さん。
次からは経験に学んで、ボコられないようにしようね。

とらび2さばより出張
Posted by N at 2013年05月15日 12:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。