2011年10月21日

震災自粛、ずっと続けば面白いのに…。

多くの被害が出た東日本大震災。
亡くなった人、いろいろ失った人、まぁかわいそうにね。
でも俺は別に何の関係も無いので、地震の物理被害自体に興味は無い。

俺が興味があるのは、震災による全国の「消費自粛モード」。
これが面白いよね。

実は震災で、被災者達が頑張っているのに自分たちは金使って遊ぶ、というのが
日本人的に気まずいのかどうなのかは知らんが、いろいろな行楽レジャーを自粛する風潮が広まった。

で、その結果、地方の旅館や行楽地の経済がさらにダメージを受け、
放射能の影響かどうか知らんが、「今の日本は危険」と判断されて外国人観光客も遠のいたらしい。
都心部でも外食産業は大ダメージ。
つまるところ、単なる「楽しみ」であり、生活に急を要しない第3次産業は、
震災の自粛モードの煽りを食らって客が遠のき悲鳴を上げているそうだ。

さらに面白いのは、この日本全体の「自粛モード」が「サイレントテロ」の後押しになった所にある。


サイレントテロは以前に解説したが、
嫌消費に拍車をかけて日本経済を衰退させ、
負け組が死んでいくときに、勝ち組を巻き添えにしていこう、という一種の自爆テロである。

自分は子供もいないし、将来の日本を良くしたいという思いも無いので、
このサイレントテロを支持しつつも、自分は安全圏を確保できるような動きをするという、
なんとも複雑な立場で行動している。


とりあえず震災による自粛は経済にダメージを与え、
その結果奇しくもサイレントテロの後押しとなった。
震災から半年以上が経過するが、未だ自粛モードは解けない。

こうして経済が衰退していき、この国の社会システムが瓦解していくのを見るのは非常に楽しい。
俺は皆が幸せであることを望めない。
自分だけが幸せであることを望みたい。
ただ、それを表面に出してしまっては社会生活は出来ないから、表面上は恵比須を心がける。

心の底では、サイレントテロによる経済の崩壊を望み、
その崩壊から自分だけが助かりたいということも望んでいる。

本当にイヤな性格だが、どうすれば心入れ替わるんだろうねぇ…。
多分、研修中もそうだったけど、心奥底に燻ぶる変な闇みたいなもんがずっとあって、
それが今でもやっぱり取れないんだよね…。
posted by yuuii at 17:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。