2008年11月21日

論理学?

昼飯のスパゲティナポリタンを眺めながら、積年の疑問を考えていた。
それは「なぜナポリタンは赤いのだろうか」という問いである。
簡単に見えて、奥の深い問題だ。
「赤いから赤いのだ」などとトートロジーを並べて悦に入る浅薄な人間もいるが、 それは思考停止に他ならず、知性の敗北以外なにものでもない。

「赤方偏移」という現象がある。
宇宙空間において、地球から高速に遠ざかる天体ほどドップラー効果により、 そのスペクトル線が赤色の方に遷移するという現象である。
つまり、本来のナポリタンが何色であろうとも、ナポリタンが我々から 高速で遠ざかっているとすれば、毒々しく赤く見えるはずなのだ。 目の前のナポリタンは高速で動いているか否か?
それはナポリタンの反対側に回ってみることでわかる。
運動の逆方向から観察することで、スペクトルは青方遷移し、 青く見えるはずなのだ。
逆に回ってみたところ、ナポリタンは赤かった。
よってこのナポリタンは高速移動をしていないと言える。



posted by yuuii at 15:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラーメンをふーふーする合理性について


熱いラーメンを啜る時、
ふーふーと息をかけて冷ますのだが、
あれには、ただ冷ますだけの為にしている訳ではなく、

その後麺を啜る為の吸引力を得る為に、一時的に息を吐いているのだ。

呼吸というのは、吸って吐いて吸って吐いての繰り返し。
麺を啜る為には「息を吸う」動作が必要なので、
その事前動作として「息を吐く作業」が必要となる。

その「息を吐く作業」を利用し、ラーメンをふーふーすれば、
一縷のムダもなくラーメンを食べることができるのだ。



・・・俺は何言ってんだ?

posted by yuuii at 15:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

気分転換


気分転換って、どうやってやるんだっけ?

ほかの事に夢中になることとは違うような。

俺にとっての気分転換は、
悩みが前向きな方向での、一定の改善策を得られる状況が、
一番「気分転換」になるんだが。

全く違う事やってもなぁ、
ただの逃避にしかならん気がする。
posted by yuuii at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

私は私は

私は知りません。

私は聞いてません。

私はそういう意識じゃなかったので知りません。

説明してもらってません。


「ふーん、何も知らないんだ」←やや当て付け気味に言ってみると

「はい」←すっごい平然な顔して答えてくる。




「じゃ、今後どうすればいいと思う?」←俺
「解りません」←ふみちゃん
「考えて」←俺
「どうすればいいんですか?」←ふみちゃん


いい加減、ムカつく。
なにその他人事みたいな態度は。

ええ、愚痴ですよ。ただの愚痴ですよ。
俺が何とかしないとね。
解ってはいるんだけど、ムカつくなぁ。

posted by yuuii at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

自社の意向、出向先の意向


人減らしはしたいが戦力は減らしたくないという出向先、

戦力を集中的に持っていかれると困るという自社。


次期案件の規模にもよるが、
この真っ向対立に自分ができるアプローチは何だろう。
まぁ俺が育て切れなかったのが悪いんだが。


posted by yuuii at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

棲み分け


チームの人が遅くまで残って仕事をするようになった。

佳境であり、やることが多いのは当然のことではあるが、

こうなっている原因は俺のスケジュール調整不足にあるんだろう。


スケジュールは作って意識あわせをしているが、
やはりうまくは進まない。
彼らがオンスケ通りに業務をこなせるよう、
緊急で舞い込む仕事を自分が片付けてしまっている。

緊急の仕事に対して余裕を持たせられるような計画を立てるべきだが、
さすがに今は難しい。


チーム内で、やってる仕事に棲み分けのようなものが出来てしまい、
以前とは違った疎外感を感じるようになってしまった。
メンバーは自力で調整し、条件書などを揃えてお互いに相談しながら業務をこなしている。
無論、俺にも報告はしてくれる。
いい傾向のような気もするが、なんだろうこの疎外感は?


posted by yuuii at 21:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

説明と理解


我が家にはペットが一匹。
ウサギである。

愛想も無く懐いてもいないが、外見はすこぶる可愛らしい。
エサ箱が空な時、エサをよそおうとエサ箱にスプーンを近づけると、
そのスプーンからエサを喰おうと躍起になったりする。

エサをよそう為には、当然ながらエサ箱の入れ口に空間が必要なのだが、
よそう為のスプーンをエサ箱に近づけると、それを早く喰おうとして自らその空間を塞ぐバカウサギだ。
いつまで経ってもエサがよそえない。

幸いにも自分の手は2本あるので、
いつも左手に大好物の人参を持ってそっちに気を引き付け、
その隙に右手にスプーンを持ってエサをよそうという行動を取っている。

自分の行動の目的を「説明」することも「理解」させることもできない相手に対してでも、
打てる戦略はあるもんだな。

posted by yuuii at 15:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悩むぐらいならやるな。


世の中、何事もメリットデメリットが必ず存在する。

「やりたきゃやれ」はまさしく格言であり、
それは損得から外れた「意志」と「覚悟」と「決断」から、
行動に移すだけのものである。
どんなにデメリットがあろうと、その人が「やりたい」のだから、
やったほうがいいに決まっているのだ。

やろうかやらまいか「悩む」というのは、
意志も覚悟も決断も揺らいでいる状態に他ならない。
そのような状態で行動を起こして吉となる結果が出る可能性は皆無だ。
せめて覚悟が決まってから行動しないと、
結局は無駄な努力とトラウマだけが残るだろう。


やりたきゃやれ。
悩むぐらいならやるな。


全ての決断は、それに尽きる。
勿論、仕事は別だが。

posted by yuuii at 13:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

放任主義

うちの会社は、
一刻を争うことなのに、再三のメールにも返事は無く、
電話かけても居ないことばっかで、
上司の携帯電話の留守録に入れても折り返しの電話はかかってこない。

放埓すぎて笑えるわ。
どこまで見捨てられてんだよ俺。
posted by yuuii at 18:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

信じる者はすくわれる


信じる者はすくわれる。

















足元を。


posted by yuuii at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガチ勝負を避けられる。

まぁここは愚痴ブログだから書くけどね、

どーもウチの会社は真っ向勝負を避けるね。
外に対しても中に対しても。

俺が頭に描いている攻略法は一つだけ。

会社からガンガンとムチャな要望を言いつけてもらい、
それに対して出来る限りの作戦を立ててやっから、
その作戦には全力で協力してくれよ!

と、言いたいだけ。

それがどうもなぁ。
仕事を真面目にやってくれればそれでいいよとか、
出向先に迷惑かけないようにしてねとか、
体裁が厚すぎて本当のところが見えないよ。

こりゃ一回、
「お前なんかにそこまで期待なんかしてねーからじっとしてろ!」と
言われるぐらいまで、わざと火でも付ける必要があるかな。


信頼を置いていない社員が勝手に動き始めるのが怖くてたまらないんだろうな。
まーいいや、ウザかったらそう言って欲しいし、
クビにしたけりゃすればいいさ。
posted by yuuii at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逃げられなかった


研修が終わっても、
やっぱり逃げられなかった。
んで、今後も多分逃げられない。

辛いな苦しいな。
はやく実感できる効果の一つでも出てくれないかな。
モチベーションが保てないよ!
posted by yuuii at 10:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

営業話を進めていると

顧客に営業話を進めていると、きついことを言われた。

「成果物に対して金を払ってるんだからね!」だそうで。

要するに、成果を上げられていない所に払う金は無いわけで、
そりゃまぁ当たり前の話だなあと思い、すごすごと引き下がってきた。
想定外である。

顧客は先払いではなく、出来上がった一定の結果に対して金を出している意識だ。
自分も、モノを買う時は同じ意識なのだから当然だろう。

仕事や案件さえあれば、
チームの増員が可能って訳じゃ無かったんだね。
要するにうちのチームは、金をもらえるだけの仕事を残してなかったという事実を突きつけられたような気がします。
posted by yuuii at 11:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

「余裕」の芝居


同じことを言われても、何かが違う。
スキルも能力も考え方も、ほぼ同等の人から同じことを言われても、
自分は、何かが違うと感じる。

というか感じた。



見た目や背の高さや声のトーンやガタイの大きさじゃなく、
一人からは「一生懸命さ」が伝わってきて、
もう一人からは「余裕」が伝わってきた。

本当は、本人全く余裕なんか無いはずなのに、
あえて「余裕」のふりをしてどっしり構えているだけで、
相手にえらく安心感を与えられるものなんだなぁと思った。

余裕が無いのに余裕のふりをする。

俺はなんだか、毎日毎日仕事だ業務だと躍起になって、
まったく余裕の無いふりをして、自らメンバーを遠ざけていたんだろうな。

本当は死ぬほど忙しいというのに、
それを見せずに余裕があるふりをし、
懐を大きく構えていると、他人も相談しやすいだろうね。

少なくとも自分はそう感じたよ。
そんな芸達者な人間が近くにいるんだ。
もう一人は、芝居がヘタッピではあるが実直な心に憧れていたりもする。


posted by yuuii at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

否定的


否定的なモノの考え方が好きだ。

不安材料を洗い出すのが好きだ。

最悪の状況を想定するのが得意だ。



そして結局やらず終いで、最悪の状況に立たされ、
その境遇にスネているのが好きだ。



どこまで偏屈だよ、俺。


posted by yuuii at 17:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

手繰り寄せ


問題解決の為には問題が何なのかをハッキリさせなければ、
特定の対処が打てない。

だが、
「問題をハッキリさせるのが怖い」
という気持ちは皆には無いだろうか?


例えば、
「どうして自分には重要な仕事を任せてくれないのか?」という
悩みがあったとするならば、
その事実確認を行うのはえらい勇気のいることだ。

事実をハッキリさせたくない。
精神的ダメージを負いたくないから、都合の悪いことはボヤかしたままにしておきたい。

俺は時折、そう思ったりしてます。
要するに、まだ逃げの姿勢。

posted by yuuii at 09:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

相手の気持ち


他人のことを思ってあげる
気遣ってあげるとは、

具体的にどういう行動のことを指すんだろう?


価値観の違いから、
俺は相手の好きなようにさせてあげることが思いやりだと思っていたが、
それはただの責任逃れに過ぎないそうだ。

他人の立場で考えてみる。
俺は、どうされたら嬉しいかなぁ。
「好きなようにやって、自分で責任取りな」と言われても、
あんまり嬉しくは無いなあ。

かといって、
逐一指図されるのも嫌になるなあ。



好き勝手やっても、
ちゃんと見ててくれて、
要所でアドバイスをくれて、
責任をちゃんと持ってくれる、
そんな人がやりやすいなあ。


ってことは、俺はそれを目指さなければならないのか。

好き勝手やらせながらも注意深く見ていて、
道が外れそうな時に進路修正をし、
上手くいこうがいかまいが責任を持つ。

めっちゃ苦労しそう。
posted by yuuii at 19:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

乾坤3擲


☆台風が関東地方に上陸して雨ザーザーな日曜日。
車に忘れた荷物(タバコ)を取りに行っただけのはずの俺は、
ちょっとだけ運転するかーのつもりが、
神奈川⇒千葉の館山までやってきていた。
何が起こったのか解らなかった。
こりゃあ天狗の仕業だな。俺は悪くない。


そんなこんなで継続している研修のお話。

「気づいたら千葉にいました^^えへへ」な笑い話のはずが、
帰ってきた返答
「まだまだ余裕あるね」だってさ。


怖ぇえええええええええ!!





☆チームのメンバーを少しでも増やそうと、躍起になっていた最中、
プロパ課長から追い討ちの一言。
「現行作業を削減し、人員の上限を設け、稼動を削減する意向が出ております」
だそうだ。


どこまで逆境なんだよおおおおおおおおおおおお!!
ヘラヘラ笑いながら「学ぶこと多くて楽しいねぇ」などとのたまう人もいる。
どこまでポジティブなんだい。
・・・すごいわ。





☆研修の講師は昔、飛び込み営業をやっていたという。
最初は恥ずかしかったが、
よくよく考えてみると「何に恥ずかしがっていたんだろうか?」という考えに至り、逆に飛び込み営業が楽しくなったんだそうな。
こりゃ悟りか?
この研修、ある意味かなり宗教入ってるぞ。
しかも筋が通っている分、なおさら始末が悪い。


俺は思う。
恥ずかしいとか怖いとかって、所詮は感情だから、
理屈に直せばどこも恥ずかしくないし怖くは無いんだろう。
それは事実だけど、
例えばドクロを見て「怖い」と思ったりするのは
理屈じゃないんだよ、きっと。
怖いもんは怖いし、恥ずかしいものは恥ずかしい。
でもそれを言い訳にしていては前に進めない。
誰もが解ってて誰もが躊躇することに、ちょっとした屁理屈をつけられて背中を押されてるに過ぎない訳。

そして、渇をわざわざ入れられに行ってる俺も俺だな。
後には引けない何かがあるんだよ。
カネとか時間とか夢とかさ。
posted by yuuii at 16:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

面白いよ!


らばQってサイトご存知?

http://labaq.com/

世界中のいろんなニュースや狂言が集めてあるサイト。
中でも、世界中の人達から見た「男女」のカテゴリ
(左メニューの下のほう)がお気に入り。

うん、うん、と
ついつい首を縦に振ってしまうよ。
面白いなぁ。
posted by yuuii at 00:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

挑戦者


人事を尽くして天命を待つ

長い事、意味が解らなかったこの言葉が、
ようやく解りかけてきた。

「〜をしよう」
   ↓
途中で行き詰る
   ↓
「やっぱムリだった。あきらめよう」






人事とは、
途中で行き詰った部分に目を向け、
全ての可能性を探り、
好みに関わらず出来る事を全てやり尽くした上で、天命を待つもの。

天命は一定の「結果」をもたらす。
それは尽くした人事を蹴散らすようなものかもしれない。
そんな悲惨な結果を受け入れ、なお、より上の人事を尽くす。
その繰り返しでヒトはここまでやってきた。

偉いヒトになろう。
偉いヒトとは何か?
常に、より良い人事を築いて天命と戦ってきたヒトのことじゃないか?

人事を尽くすとは、
如何なる障害とも戦い克服し、
天命に酷い目にあわされてもなお、それを克服する戦いを行い、
「成果」を残し命を繋ぎ、何千年という歴史を経て、
やっとここまでやってきた。


鉛筆一本にしても、
過去にどれだけのヒトの「成果」が詰まっているのだろうか?

答えが無いもの。
手当たり次第の挑戦から生まれた一定の成果をベースに、
日々研究と改良を重ねてようやく使えるものとなる。
大きな成果を残しても、歴史の片隅に消えていくヒトも多い。
注目されるのはいつも成功者ばかりだ。

だから皆、成功を欲しがりリスクを避ける。
俺も同じだ。


成果を残す、と言うのはハッキリ言ってしまえば美談なだけだ。
後に現れるであろう成功者の為の礎だ。

美味しい所の横取り。
俺はただそれを望んでいただけだったのよ。
羨望や嫉妬は集められても、
そこに「人」の「望」みを集める事は無理なんだろうね。


はぁ、
俺はとんでもなく大変なモノを欲しがっているんだなあ。
みんな、言葉は気をつけて使おうね。
気軽に聞きかじった言葉を使うと大変なコトになるよ。
そのスケープゴートが、ここにいるから。

posted by yuuii at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。